背中ニキビ 治し方

背中ニキビを治すには化粧水とクリームで保湿が大切!

背中ニキビ保湿クリーム関連の貴重な情報を求めているなら、背中ニキビ保湿クリームについて説明しているこちらのWEBページを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった背中ニキビ保湿クリームの情報を、どんな専門サイトよりもきちんと理解することが可能です。

TOP PAGE >背中ニキビ 治し方

□背中ニキビ 治し方

背中をはじめ、二の腕やお尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツが見られる場合には、毛孔性苔癬であることもありえます。毛孔性角化症と呼ばれることもあり、原因は古い角質の肥厚化です。ニキビのようにも見えますが、細菌が起こす炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)でないという点で大きく異なります。遺伝的な要因が強く、年齢を重ねていくうちに自然に完治する場合も多いと言われています。肌の新陳代謝が促進されるPM10時から午前2時の時間帯に、しっかりと眠っておくことはストレスを減らすことになります。ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビの原因となる糖質コルチノイドが生成されます。

きれいな寝具でしっかり睡眠をとることは、ストレスカットにも貢献しニキビ発生も抑えられるうれしいニキビ予防法です。背中ニキビの予防・対策方法については、バスタイムに大きな原因があります。

洗顔には気を配るものの体のほうはそれなりだという人はご注意を。

背中ニキビは、あえて自分から鏡を鏡合わせにして見ようとしないかぎり、ナカナカ目につかない割に、タンクトップなど背中が露出する服をまとうと、他人からはかなり目立ってしまう、随分わずらわしい肌トラブルです。

背中ニキビができる要因は、乾燥や寝不足、疲れなどの物理的ストレス、そして精神的ストレスです。大きなストレスを受けることで、自律神経のうち交感神経が活発になります。交感神経が優位に立つと、多く男性ホルモンが分泌されるようになり、ホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、角栓の発生、さらに毛穴の縮小まで引き起こすのです。顔や胸といった部位にはニキビがないのに、背中にできてしまったニキビだけが悪化している人も多い傾向にあるようです。

顔にできるタイプのものとはちがい、背中ニキビは気がつくまで時間がかかる場合も多く、気付いた時には慢性化していて治療が長引くことがあります。かゆみや痛みが強い場合は、専門医を受診するようにして下さい。

炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡を背中にのこしてしまうかも知れません。背中ニキビをケアするときには、大人ニキビと同じくビタミンC誘導体含有のローションや化粧水で保湿を行い、毛穴をふさいでいる角質を取り去るピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)を軸にします。

ピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)はクリニックに限らず、自分でも簡単にできてす。

入浴時にピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)石鹸を使えば、古い角質を取り除くのは持ちろん、薬剤を肌にのこす危険もなくなります。

入浴後に保湿を欠かさずおこなうことも重要です。

大人になってからできた背中ニキビは、不規則な生活スタイルや寝不足、乱れた食生活などが原因となっています。自律神経が整った状態でないと、ホルモンバランスの乱れも引き起こし、肌トラブルを誘発します。

とりあえず生活を見直してみましょう。

栄養バランスに気をかけ、ビタミン類を多くふくむご飯をとるなどし、規則正しい生活を心がけて、充分に眠ることが肝心です。

人には誰しも、皮膚にマラセチア菌という常在菌の棲家となっており、これらマラセチア菌は皮脂を好む性質があります。白ニキビの内部には皮脂が閉じ込められており、マラセチア菌にとっては最高の棲家。

ニキビの中へマラセチア菌が入り込むと、大量の皮脂を餌にどんどん増殖し、皮脂がもつトリグリセリド(中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう))を、遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。背中を洗う際には、汚れが気になるからとはいえ、垢すりタオル、ボディブラシを使ってゴシゴシ洗いをしてはいけません。刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビができてしまっているときには、傷付けてますます炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)させてしまいます。汚れをはじめ、余分な皮脂・古い角質などは洗い去る必要がありますが、こすり過ぎないようよく注意しましょう。

背中ニキビのない背中を保つためにすすんで摂りたい栄養素としては、ビタミンB群が挙げられます。

豚肉・レバー・乳製品などがふくむビタミンB2、カツオやマグロに、鶏指さみなどにもふくまれるビタミンB6には、皮脂分泌を抑えるようはたらきます。

かぼちゃ・にんじんに含有されたたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米にふくまれている亜鉛、レモンやイチゴに入ったビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。



Copyright (C) 2014 背中ニキビを治すには化粧水とクリームで保湿が大切! All Rights Reserved.
top